りび (Levih)

りび (Levih) – 夏々 (Natsuka/Nana)

[りび「夏々 (ft. 可不)」歌詞]

夏が来るからさ
僕らの思い出を抱きしめて
君が笑ってくれるんならさ
今度は僕の番

6月の朝君を待って
夏の匂いがする
あの日のことを思い出した
そんな気がしていた
君が言った言葉も全部
いつかは消えるから
思い出にしまっておこうか
色褪せないように

夏も全部嘘つきだ
言葉も全部ガラクタだ
そんなの言わせない
君がいないとさ
やってけないから

あの日いつか君と描いた
夏に僕ら飛び込もうよ
この空の青さも寂しさも
僕らだけのもの
ふたりで今

君と出会ったあの日のことは
覚えてないけれど
夏みたいな声に呼ばれて
君が立ってたんだ
心に閉じ込めた思いも
嘘も嫌な事も
今だけは投げ捨ててしまおう
君と夏を歌おう

永遠じゃないのにさ
今がこんな愛しいのは
全部夏のせい
永遠じゃないから幸せなんだね

あの日いつか君と描いた
夢に僕ら飛び込もうよ
あの夜の寒さも悲しさも
僕らだけのもの
君と征くよ

いつか消えて無くなること
そんなこともう分かってる
でもね僕は君といたいから

あの日いつか君と描いた
夏に僕ら飛び込もうよ
この空の青さも寂しさも
僕らだけのもの
ふたりで今

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Back to top button